テスラ、量産型セダン「モデル3」を30台初納入

事前予約は50万台超

 7月28日、米電気自動車大手テスラは、量産型セダン「モデル3」の初出荷となる30台を購入者である従業員に納入した。6日撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[フリーモント(米カリフォルニア州) 28日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は28日、量産型セダン「モデル3」の初出荷となる30台を購入者である従業員に納入した。

納入に当たりカリフォルニア州フリーモントの工場で開いたイベントで、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「モデル3」の事前予約が50万台を超えていると明らかにした。

また、これまでに生産した台数は試験目的の20台を含めて50台だとした。

マスク氏はイベント前に記者団に対し、初期段階は生産が「かなり大変」な作業になるとの認識を示し、「少なくとも6カ月間は地獄のような日々になる」と語った。

テスラは2016年4月の段階で「モデル3」の予約台数は37万3000台としていた。

マスク氏は、これから新たに予約した場合、納入は2018年末以降になる可能性が高いとの見方を示した。

「モデル3」の価格は3万5000ドルからで、1回のフル充電で走行できる距離は約350キロメートル。走行距離500キロメートルの長距離モデルは4万4000ドルとなっている。

50万台はテスラの2016年の生産台数のほぼ6倍に相当し、同社が「モデル3」への期待に応えられるかどうかが課題となる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。