米国株、NYダウが終値で3日連続の最高値

S&P500はスタバなどの決算が重しで小幅下落

 7月28日、米株はS&P総合500種が小幅安で取引を終える一方、ダウ工業株30種は終値で3日連続の最高値更新となった。写真はNY証取のトレーディングフロア。今月20日撮影。(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[28日 ロイター] - 米国株式市場では、S&P総合500種<.SPX>が小幅安で取引を終えた。決算が嫌気されたアマゾン<AMZN.O>やエクソンモービル<XOM.N>、スターバックス<SBUX.O>などが値を下げたほか、たばこ銘柄が総崩れとなった。

半面、ダウ工業株30種<.DJI>は終値で3日連続の最高値更新となった。好決算のシェブロン<CVX.N>が押し上げた。

この日はさえない決算が売り材料となったが、第2・四半期の決算シーズンは総じて堅調で、株価は最高値圏で取引されている。トムソン・ロイター・エスティメーツによると、S&P500構成企業の利益は10.8%増加する見通し。

朝方発表された第2・四半期の米国内総生産(GDP)の速報値は、年率換算で前期比2.6%増と、前期の1.2%増から成長が加速し、市場予想と一致した。個人消費や設備投資が伸びた。

キー・プライベート・バンクのチーフ投資ストラテジスト、ブルース・マケイン氏は、決算も経済指標も底堅いとしつつも、「あまりも長く株高が続くと、良い指標にも悪い点を探り出そうとする傾向が出てくる。現在の市場には、こうした雰囲気が感じられる」と話す。

向こう1年の利益見通しに基づくS&P500構成企業の株価収益率(PER)は約18倍と、長期平均の15倍を上回っている。そのため投資家は、現在の比較的割高なバリュエーションを正当化する根拠として企業業績に注目している。

週足では、S&Pが0.02%安、ダウが1.16%高、ナスダックが0.20%安。

アマゾンは2.5%下落。コスト増が重しとなり大幅減益となった決算が足かせとなった。

アルトリア・グループ<MO.N>は9.5%急落。米食品医薬品局(FDA)がたばこに含まれるニコチンの量を中毒性のない水準に引き下げる方針を示したことが嫌気された。

同業の英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の米上場株<BTI.N>も7%下落。

利益が予想に届かなかったエクソンは1.5%安。一方、同業のシェブロンは好決算で買われ1.9%高と、明暗が分かれた。

さえない決算でスターバックスは9.2%、玩具大手マテル<MAT.O>は7.8%それぞれ急落した。

米上院共和党による医療保険制度改革(オバマケア)撤廃の試みが再び頓挫したことで、市場では減税など、トランプ政権の他の政策課題にどのような影響が及ぶか見極める動きが広がった。

S&Pヘルスケア株指数<.SPXHC>は0.5%上昇し、業種別で最も好調なパフォーマンスとなった。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.16対1だった。ナスダックは1.17対1で下げが上げを上回った。

米取引所の合算出来高は約61億株で、直近20営業日の平均である60億株とほぼ一致した。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21830.31 +33.76 +0.15 21787.51 21841.18 21756.12 <.DJI>

前営業日終値 21796.55

ナスダック総合 6374.68 -7.51 -0.12 6350.27 6379.70 6337.23 <.IXIC>

前営業日終値 6382.19

S&P総合500種 2472.10 -3.32 -0.13 2469.12 2473.53 2464.66 <.SPX>

前営業日終値 2475.42

ダウ輸送株20種9227.07 +37.46 +0.41 <.DJT>

ダウ公共株15種 724.06 +0.41 +0.06 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1092.99 -4.28 -0.39 <.SOX>

VIX指数 10.29 +0.18 +1.78 <.VIX>

S&P一般消費財 727.11 -5.42 -0.74 <.SPLRCD>

S&P素材 344.73 -1.24 -0.36 <.SPLRCM>

S&P工業 583.81 +1.25 +0.21 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 569.53 -5.25 -0.91 <.SPLRCS>

S&P金融 413.61 +0.12 +0.03 <.SPSY>

S&P不動産 201.48 -0.20 -0.10 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 488.44 -0.94 -0.19 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 924.28 +4.64 +0.50 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 161.19 -0.81 -0.50 <.SPLRCL>

S&P情報技術 985.67 -0.88 -0.09 <.SPLRCT>

S&P公益事業 269.03 -0.38 -0.14 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.72億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 19970 + 20 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 19960 + 10 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。