神奈川御三家・栄光は「1日2時間勉強」がキホン

栄光学園 金子好光校長に聞く

私立の名門校を表す言葉に、「御三家」がある。関東御三家や、関西御三家、女子御三家などなど――。中学受験が盛んな神奈川にも独自の「御三家」がある。今回は神奈川御三家の一角、栄光学園に話を聞きに行った。栄光学園は神奈川県下ではトップクラスの学力を誇り、東大合格者数も毎年全国トップ10にランクインする。
栄光学園ではどのような生徒の育て方をしているのだろうか。金子好光校長に話を聞きに行こうと調べたところ、都内からは結構距離がありそうだ。最寄駅は鎌倉の玄関口、大船駅。駅から山道を登ること20分、へとへとになった頃に突如として広大な敷地が開けた。取材開始ぎりぎりに栄光学園についた。

――栄光というと独特な制服が有名です。

やっぱり、制服ですか(笑)。確かにちょっと独特でしょうね。

――それに大船駅からもちょっと離れていますね。

そうですね。それも、駅の栄えているほうではなくて、裏の山のほうにあります。アップダウンの激しい道を15分ほど歩かなければなりません。

神奈川御三家の実力はいかに?

――大学合格実績もかなり高い実績を残しています。

 うーん。実もふたもないことを言ってしまうと、入学したときから頭がいい子が多いんですね。栄光は1学年180人です。そのうち2012年は52人(浪人14人を含む)が東大に合格しました。これは客観的に見てすごいことだと思いますね。だから保護者から何か教育方針に関して苦情がきたりということもありません。結果を出しているから信頼されているのだと思います。でも中学受験エリートが多く入学してくるので、それはそれで大変さもあります。塾ではとにかく詰め込み勉強だったから、勉強に対する態度は受動的です。それから能動的なマインドに切り替えないと、指示待ち人間になってしまう。おそらく大学受験くらいなら指示待ち勉強でも合格できるとは思いますが、そこから先の発展を見据えた場合、伸びなくなってしまう。

――何か特徴的な取り組みはあるのでしょうか。

カリキュラム自体は何か突飛なことをやることはありませんよ。英語はプログレスという教材を使っていますし、ほかにも小テストをきっちりやって理解度を試す。ある意味、当たり前のことをきっちり、といったところでしょうか。

あとは授業前に心を静めるために行う、瞑目といって、1分程度目をつぶって次の授業に備えます。また、2限が終わったら、中間体操といって、上半身裸で校庭に出て体操をします。どんな暑い日も寒い日も、上半身裸で飛び出して体操をします。体を動かして頭をスッキリさせるのが狙いですね。

中学受験を終えた”もやしっ子”たちは栄光での6年間の生活を通して肉体と精神を鍛えていく。
次ページ「1日2時間以上の勉強」が最低条件
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。