日産自動車、4―6月期営業利益12.8%減

米国市場がイマイチ、販売費用拡大も響く

 7月27日、日産自動車が発表した2017年4―6月期連結決算では、営業利益が前年同期比12.8%減の1533億円だった。写真は横浜本社で5月に撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[横浜市 27日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>が27日発表した2017年4―6月期連結決算では、営業利益が前年同期比12.8%減の1533億円だった。原材料価格の高騰や販売費用の拡大などが響いた。ただ、業績は想定通りに推移しており、18年3月期の連結業績予想は従来のまま据え置いた。

会見した田川丈二常務執行役員は、4―6月期は、米国市場の鈍化や欧州でのモデルチェンジのタイミングの影響などで減益だったものの、「好調な国内販売やコスト削減でマイナス要因を相殺し、総じて想定通りの業績となった」と述べた。

今期の営業利益予想は前期比7.7%減の6850億円。トムソン・ロイターが集計したアナリスト21人の予測平均値は7332億円となっている。

 

 

(白木真紀)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。