ディズニーランドでバレる「残念な人」の末路

「並びすぎ」「マニアすぎ」…あなたは大丈夫?

私が見るところ、ディズニーはあくまで「夢の国」のディズニーらしさにこだわっており、「売り上げが上がれば何でもいい」というわけではない

これに対し、USJはディズニーのブランドやストーリーに縛られない分、さまざまなキャラクターを外部から取りそろえ、幅広い層にリーチできるのだ。

ディズニーファンでなくてもUSJに行く人は多く、「より遊園地を楽しみたい」という幅広い層をターゲットにできるうえ、ファミリーエンターテインメントのディズニーランドは少子化・核家族化の影響も受けるはずである。そもそも、主戦場が同じではないのだ。

よって、単純に「ディズニーよりUSJのほうがはやっている」からといって、優劣比較にそれを用いるのは、そもそも的外れなのである。

特殊な進化を遂げた「オタク」すぎる人たち

最後にディズニーランドでバレてしまうのが、オタクになりすぎて「特殊な進化」を遂げている、オタッキーな来園者たちである。

【3】マニアックになりすぎて、おかしな方向に進化を遂げている

「隠れミッキーがこの袋の下におる、こんな葉っぱの中にも、隠れミッキーがおった、あら、このごみ箱の陰にも、隠れミッキーが……」

というように、ひたすら「隠れミッキー」を発見することに喜びを見いだす、驚くべき進化を遂げたマニアックすぎる人たち。

彼ら彼女らは、パレードのベストショットを狙うため、巨大なカメラでじっと「モンスターズ・インク」に出てくる青い毛むくじゃらのキャラクターをひたすら「出待ち」していたり、「ディズニーランドに咲いている花の名前」を全部知っていたりと、実に細かいことまで知りたい放題だ。

キャストの間で使われている「業界用語」まで完全に知り尽くしているマニアックすぎる人の中には、「どうでもいい細かい知識を増やして、他のファンに対して優越感に浸る」人も少なくないのだから、恐ろしい。

そのようなディズニーオタクたちは、「この人は、ディズニーが好きすぎて、特殊な進化をとげられてしまった」と、まわりから思われても仕方ないだろう。

次ページでは「一流の秘訣」は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。