老後に月30万円使うには貯金はいくら必要か

おカネを増やすための「360リスク法」とは?

岩城:では工藤さんのケースを、人生設計の基本公式を使って、整理してみます。

工藤恵美子さん(51歳)

家計の今後の平均手取り年収(Y)600万円
老後生活比率(x)0.7
年金額(P)240万円(企業年金を含む)
現在資産額(A) 3000万円(養老保険満期金600万円、もらえそうな退職金1000万円を含む)
老後年数(b)30年 
現役年数(a) 14年 

この数値を「人生設計の基本公式」に当てはめ、必要貯蓄率を出してみます。

■工藤さんの必要貯蓄率

岩城:年間の手取り収入に対してどれだけ貯めるべきかを計算する「必要貯蓄率」は11.43%ということで、まずまず優秀です。毎月分でいけば、このまま、毎月約5万7000円の貯蓄を続けていけば、老後(95歳までの30年間)は、現在の生活費の7割、約31万円で暮らすことができます。養老保険の満期金を含め2000万円、予定退職金の1000万円の合計3000万円が効いています。

工藤:はい、シングルなので、やはり、老後が不安で、貯蓄だけはしっかりしてきました。このまま貯蓄を続けていけば、まずまずの老後を送れるようですね。安心しました。

次ページもう少しリスクを取っても、と思う場合はどうする?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。