6月の貿易収支は2カ月ぶり黒字、4399億円

半導体や自動車が輸出牽引、中国向け伸びる

 7月20日、財務省が発表した6月貿易統計速報は、貿易収支が4399億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。写真は横浜港から輸出される新車。5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 財務省が20日発表した6月貿易統計速報は、貿易収支が4399億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。ロイターの予測中央値は4847億円の黒字だった。

輸出は前年比9.7%増の6兆6076億円となった。増加品目は半導体等製造装置(38.2%増)、自動車(5.0%増)、鉄鋼(19.0%増)など。地域別内訳は米国向けが同7.1%増、中国向けが同19.5%増だった。

一方、輸入は前年比15.5%増の6兆1676億円となった。増加品目は石炭(115.9%増)、液化天然ガス(43.9%増)、電算機類(含周辺機器)(33.4%増)など。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。