楽天 早くも海外事業でリストラ EC事業をテコ入れ

楽天 早くも海外事業でリストラ EC事業をテコ入れ

楽天は、「楽天市場」の海外進出に、早くもブレーキをかけている。今年5月の台湾を皮切りに、欧州などを含めて27カ国で展開するとブチ上げていたが、海外展開のために設置した国際市場統括部門の陣容のうち、3分の2を直接の営業現場に配置転換、海外事業の準備・企画を行う部隊を3分の1に縮小した。
 
 今年2月の欧州拠点進出の際には、三木谷浩史社長は「欧州だけでも日本の楽天市場の数倍になる」といっていたが、台湾事業の立ち上がりが遅れ気味のほか、他の地域での準備も思惑通りに進んでいない模様。8月8日に発表した08年6月中間決算では、楽天市場を主力とするEC事業部門は、前年同期比で22%の増収となったものの、営業利益はマイナス1%の減益となった。日本の楽天市場事業は堅調だったが、オークション、書籍販売が赤字だったことに加え、海外展開のためのコストが足を引っ張った。
 
 全社ベースで見ても、かつて利益源だった証券事業は相場の低迷で苦戦、旅行事業も採算悪化が続いている。信販など金融事業は急回復したとはいえ、これは前期に利息過払い関係の引当金を一括で積んだためで、実態が急回復したわけではない。そのうえ、塩漬け状態のTBSの株価も下がる一方で日々含み損が膨らんでいる。
 
 屋台骨のEC事業の回復は急務で、海外展開もリストラモードに入れざるを得ないというわけだ。
(丸山尚文 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。