日経平均続伸、終値で8営業日ぶり高値水準 

円安が追い風、TOPIXは年初来高値を更新

 7月11日、東京株式市場で日経平均は続伸。終値では6月29日以来8営業日ぶりの高値水準で引けた。前日の米国株はまちまちで、朝方のドル/円も水準に大きな変化は見られないなか、売り先行で始まった。写真は東京証券取引所で2015年8月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 11日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続伸。終値では6月29日以来8営業日ぶりの高値水準で引けた。前日の米国株はまちまちで、朝方のドル/円<JPY=>も水準に大きな変化は見られないなか、売り先行で始まった。一巡後はハイテク株への買いもあって、プラス圏に浮上し上げ幅を拡大。後場中盤以降に為替が1ドル114円台半ばまで円安に振れると、電気機器や値がさ株が一段高となり、指数は一時130円超高となった。

TOPIXは続伸し、年初来高値を更新。東証33業種中、電気・ガス、その他金融、水産・農林が下落し、鉄鋼は変わらずだった。29業種が上昇し、情報・通信、空運、電気機器が上昇率の上位だった。

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長による議会証言を12日に控え、東証1部の売買代金はやや盛り上がりに欠けたが、取引時間中にドル高・円安が進行し、幅広い銘柄に買いが入った。

大和証券シニアストラテジストの石黒英之氏は「米10年債先物のロングポジションが積み上がっており、金利先高感が高まっている。ドル/円も安定して114円台に乗せており、日本企業の第1・四半期の好業績期待に繋がっている」と話していた。

個別銘柄では、セイコーエプソン<6724.T>が続伸し年初来高値を更新。日本経済新聞社は10日、日経平均株価<.N225>の構成銘柄から東芝<6502.T>を除外し、エプソンを新規採用すると発表した。東芝の東証2部降格を受けた措置。8月1日から新たな構成銘柄で指数が算出される。日経平均連動ファンドや裁定取引に伴う需要が発生すると期待した買いが入っている。

半面、スズキ<7269.T>が反落。オランダ当局は10日、排ガス関連ソフトウエア不正使用の疑いを巡り、同社の調査を行うことを明らかにした。ロードテストにおいてスズキの「ビターラ」の排ガスが許容水準を超えたという。問題の先行きを懸念した売りが先行した。

東証1部の騰落数は、値上がり1494銘柄に対し、値下がりが392銘柄、変わらずが135銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     20195.48 +114.50

寄り付き   20073.86

安値/高値  20070.67─20200.88

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1627.14+11.66

寄り付き     1616.04

安値/高値    1615─1627.79

 

東証出来高(万株) 143621

東証売買代金(億円) 20673.47

 

(辻茉莉花)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。