「成績至上主義」からついに解放された私

嫌な先生との出会いから学んだこと

評価か学びか

高校の頃に通っていたテニススクールで、自分が一番強いけどレベルがそこまで高くないクラスに残るか、自分が一番弱いけれど周りのレベルが非常に高い選手養成クラスに入るかで迷った時がありました。その時にコーチが、「自分より強い人がいる環境の方が絶対にテニスは強くなる」とアドバイスをくださって、上のクラスに上がることを決めました。

上のクラスは、トレーニングはかなりきつく、中にはすごい小中学生なんかもいて、始めのうちは6歳年下の子にボロ負けしてすごく悔しかったのを覚えています。だからこそ絶対勝ってやろうと思うようになって、練習についていこうと頑張りました。

そして最後のレッスンで、コーチから次のような言葉をいただきました。

「一年間お疲れ様。美帆はまだこのクラスで一番強いわけじゃない。でも、このクラスで誰よりも成長したことをコーチは知ってる。はじめは悔しかったかもしれない。(このへんで私が号泣を始めます)けれど、最後までよくやりきったね。その気持ちを持ってこれからも頑張りなさい」と。

自分が「いい評価」を得られる位置にとどまるのか?それとも、一つレベルを上げて、いい評価は得られなくても、「より多くを学べる」場にいくのか?

…別にどちらがいい、ということはないと思います。ただ、ようやく私は、アメリカの大学で後者を選ぶ勇気を持つことができたように思います。

(構成:アゴス・ジャパン 後藤道代)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。