マイクロソフト、数千人規模の人員削減計画

販売・マーケティング部門を中心に組織再編

 7月6日、米マイクロソフトが数千人規模の人員削減を計画していることが関係筋の話で明らかになった。6月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[6日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>が数千人規模の人員削減を計画していることが6日、関係筋の話で明らかになった。削減の大半は米国外で実施されるとしている。

関係筋によるとマイクロソフトは一部従業員に人員削減を通知した。

ロイターは3日、マイクロソフトがクラウド事業強化に向け販売・マーケティング部門を中心に再編すると報道していた。

マイクロソフトの全世界の従業員数は3月31日時点で約12万人。このうち販売・マーケティング関連の人員が約19%を占める。

パソコン(PC)市場の低迷が続く中、マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は2014年の就任以来、クラウド事業に注力している。

マイクロソフト株はこの日の取引を約0.7%安の68.57ドルで終えた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。