37歳月収70万円女子が陥った自分投資のワナ

年収が結構あっても「毎月赤字」では続かない

実は、R子さんは、ご両親に毎月20万円以上の生活費を仕送りしているのです。R子さんのご両親は長年自営業を営んでおり、国民年金には加入していましたが、事業がうまくいかない時期も多く、国民年金の保険料を支払っていなかった期間が多かったそうです。そのため70歳のご両親の年金(ご相談当時)は2人あわせても毎月5万円にも満たない程度です。

最近はお父様が少し病気がちにもなって来ているので、医療費の負担も増え、R子さんがしばらく前から毎月20万円以上を仕送りしているのでした。R子さんは1人っ子なので、ご両親の生活の面倒は、すべてR子さん1人の肩にかかります。1人で毎月20万円以上なんて、なかなかできないことで頭が下がります。

独身のR子さんは、当然、自分の生活費はすべて自分でまかなう必要があります。「クレジットカードの使いすぎ」と「両親の生活費負担」の2つが重なってはさすがに貯蓄どころではなく、取り崩しが続いているのでした。

投資は必要でもカードを切り替え、使いすぎを防ぐ!

ではどうすればいいのでしょうか。一つずつ解決していきます。まずは、毎月の洋服・コスメ代ですが、R子さんにお聞きすると、特に予算を決めずに、気に入ったら値段を見ずに買ってしまうとのこと。仕事柄、最新のファッションやコスメの勉強の必要があり、急にファッション・コスメ代を削れないとのことでしたが、さすがに毎月40万円は使いすぎ。なので、泣く泣く「半分の20万円に抑える」ことにしてもらいました。

また、クレジットカードで支払うと、おカネを使った感覚がないので、クレジットカードからデビットカードで支払うことを提案しました。つまり、あらかじめ予算を設定し、その金額を超えないようにする仕組みが必要だからです。その点、デビットカードは、買い物をしたと同時に引き落とし口座から現金が引き落としされる仕組みのカードです。預金口座におカネが入っていなければ、それ以上利用することはできませんので、R子さんのような人には最適のカードです。

次ページ「毎月20万円の仕送り」は必要か
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。