若狭議員、自民に対抗する保守新党に言及

都民ファ圧勝を受けて国政政党を作る可能性

 7月6日、若狭勝衆院議員は東京都議選で「都民ファーストの会」が圧勝したことを受け、自民党に対抗する保守の受け皿として、新たな国政政党を作る可能性に言及した。小池都知事、都内で先月23日撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 若狭勝衆院議員は6日、東京都議選挙(2日投開票)で「都民ファーストの会」が圧勝したことを受け、自民党に対抗する保守の受け皿として、新たな国政政党を作る可能性に言及した。

若狭氏は自民党を離党し、都議選では都民ファーストを応援した。

同氏はロイターとのインタビューで、「都議選を受けて、新しい風が相当吹き始めている。国政においても何もしなければ、不作為になってしまう。大きな流れとして国政政党も当然視野に入ってくるだろう」と述べた。

若狭氏は昨年の都知事選挙で、自民党議員でありながら小池百合子氏を応援した。都議選では全ての選挙区を回って応援演説を行ったという。

都議選について、同氏は「都民ファーストの言っていたことが、これだけ受け入れてもらえた。都民は日本の首都の有権者であり、国民にも受け入れられる余地が少なからずある」と述べた。

同氏は、現在の国政について「自民1強、安倍(晋三首相)1強による弊害やひずみが浮き彫りになる」なかで、「自民党に代わる受け皿の党がなく、有権者の選択の余地が狭められている」と指摘。「この流れ、大きな動きは、国政においても新党を作らなければならないというサジェスチョンだ」と語った。

新党の政策やメンバー、スケジュールについては、検討中だという。

(宮崎亜巳 編集:田巻一彦)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。