ボルボ「90シリーズ」に体現したデザイン哲学

前輪とドアとの距離感が威厳を演出する

1970年生まれのディズリー氏は、目をくりくりさせて口角を上げながら話してくれた。ディズリー氏の業績のなかには、新型90シリーズの布石となる3台のコンセプトモデルも含まれる。

その第1段として2013年に発表された「コンセプトクーペ」は、セダンのS90へと発展。続く「コンセプトエステート(14年)」はステーションワゴンのV90に。そして「コンセプトXCクーペ」(同14年)はV90クロスカントリーへと繋がった。

「どれも2ドアのクーペですが、コンセプトカーと量産車のイメージはキチンと重なるはずです」と、ディズリー氏が説明するように、シャープな造型美で話題を呼んだ3台のコンセプトモデルと今回の90シリーズはみごとな関連性を感じさせる。

「意識したのは、スカンディナビアのライフスタイルに根ざしたデザインです。私たちは3本の柱を作りました」と続ける。

1つめは「スカンディナビアン・オーソリティ」。新型90シリーズは、ハンス・ウェグナーの家具などと通じるものといい、ビジネスマンのためのS90をテーマとし、より強く意識したそうだ。

2つめは「スカンジナビアン・クリエイティビティ」。V90をストゥッテルハイムが手がけるモダンで作りのよいアウターコートとイメージ的に結びつけていた。

3つめは「スカンディナビアン・アクティビティ」。スウェーデンにはウィンタースポーツ用ギアで有名なPOCの製品がある。V90 クロスカントリーがこのテーマで開発されたそうだ。

ライバルとの差別化

新型90シリーズに先立つ3台のコンセプトモデルは海外で高く評価された。

たとえばコンセプトクーペは2013年のフランクフルト自動車ショーで「カーオブザショー」を受賞、といったぐあいである。デザインで意識しているのは、クリーンな造型であり、シンプルな要素で構成することであり、クラフツマンシップを感じさせることだそう。

「強いライバルとの差別化も重要な課題です。私たちの場合はドイツ車です。スタイリングでは、世界的に知られているクーペのP1800(1960年発表)からフロントグリルの考えかたを取り込むなど、ボルボのキャラクターを際立たせようと考えました」

もっとも特徴的なのはトール(北欧神話の雷神)のハンマーとボルボが呼ぶ、ヘッドランプの意匠だ。横になったT字が中央に入り、上下には細部まで丁寧に造型されたLEDランプが収まる。

「目立つのも大事ですが、やりすぎはよくありません。誇張はなく、すべてが調和している。これが内外装ともにボルボのデザインポリシーなのです」

乗ってもらいたい想定オーナーがいる、とディズリー氏は言葉を続ける。

「少なくともスウェーデンでは、教育レベルも社会的地位もそれなりに高く、美的センスが高いひとが乗ってくれるのでは、と期待しています。他人のフォロワーでなく自分であることに誇りを持っているひととも言えます」

次ページクルマの美を決めるものはなにか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。