「親に反抗し始めた子」への過干渉は危ない

学校をやめてしまったケースもある

親の指摘を受け入れず、反抗的態度を取っているとき、親はどうしたらいい?(写真:foly / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

【質問】
小6の息子の件でご相談です。家庭での学習習慣の定着以前に、父親である私の指摘を素直に聞き入れず、反抗するばかりで手を焼いています。注意しているわけでもないのですが、何か言おうものなら怒るばかりです。小学生の間は何とか力業も通じますが、これから先が思いやられます。
本人は、プライドが高いのか、間違うと隠そうとするうえ、間違えた問題こそ復習すべきなのに、振り返ろうとしません。したがって勉強時間の割に学力が伸びていません。どう接すれば良いのかアドバイスいただきたく、よろしくお願いします。来春は中学受験をする予定です。
(仮名:岩崎さん)

反発できるようになったのは、喜ばしいことでもあり…

この連載の記事一覧はこちら

お子さんが反抗的態度を取り、親の言うことを聞かないという相談は、最近では随分と少なくなりました。現在は、「うちの子は言わないと何もやらないので、いつも急き立てているのですが、どうしたら自主的になるでしょうか」という質問がかなり多いです。特に「勉強は、言わないとやらないのでどうしたらよいでしょうか」という相談は後を絶ちません。しかし、岩崎さんの場合は、これらとは異なりますね。勉強はしているようですが、親の指摘を受け入れず、反抗的態度を取っているという状態ですね。

一般的理由としては、子どもが思春期を迎えた影響が挙げられます。思春期になるとさまざまな変化があり、親に反抗するようになるというときも当然ありますね。しかし、岩崎さんのご相談内容からは、私は次の2つの原因が組み合わさっていると感じました。

次ページ強制では人は快く動かない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?