北朝鮮ミサイル発射で安全資産「金」買われる

リスク資産から安全資産へ逃避

[ベンガルール 4日 ロイター] - 4日のアジア市場で、金相場が上昇。この日午前に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、リスク資産から安全資産への逃避がみられる。金現物<XAU=>は0734GMT(日本時間午後4時34分)時点で0.4%高の1オンス=1224.71ドル。

3日には一時1.7%下落し、5月11日以来の安値となる1218.31ドルを付けていた。

8月限月のニューヨーク金先物<GCcv1>は0.4%高の1224.50ドル。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。