エンパワーメントで実現
新時代の働き方改革

働き方改革を実現するためには生産性を向上させることが不可欠だ。取り組みにあたって重要なのは、成果とプロセスを可視化することだ。株式会社チームスピリットの「TeamSpirit」は、勤怠管理、経費精算、工数管理などを一つのプラットフォームに融合し、働く人のデータの可視化を可能にした。

煩雑な事務作業を一元化し、自動化

「生産性を向上させようと『残業時間を減らせ』と指示をしたり、『もっとアウトプットの質を上げろ』と号令をかけたりしたところで、それが実現するわけではありません。そのボトルネックとなる課題を解決せずに、改革は進みません」と話すのは、チームスピリット代表取締役社長の荻島浩司氏だ。

同社は、働き方改革に必要な機能をクラウドで利用できる「TeamSpirit」を提供。すでに700社以上がこれを利用している。

「TeamSpirit」の大きな特色は、勤怠管理、経費精算、工数管理、カレンダーなどの機能が一つのプラットフォーム上にまとめられていることだ。「個々の機能を提供するサービスはほかにもありますが、これらを連携し、ダッシュボードで可視化できるのは『TeamSpirit』だけだと自負しています」と荻島氏は胸を張る。

たとえば、会社に出社して「タイムレポート」に表示されたカレンダーで今日の行動を確認し、出社打刻と同時に社内SNSで今日の行動計画を投稿する。同様に予定を確認して出張や有給休暇などの各種申請も行える。さらに、発生したその日のうちに経費精算ができ、カレンダーの予定から受託した作業や社内の会議などの作業工数を簡単に取り込み可能で、一日を振り返っての作業報告と退社打刻もまとめられる。これらがクラウドとモバイルで可能なため、在宅勤務やテレワークといった多様な働き方を実現した。

次ページ働き方のデータが一目瞭然に
資料請求
お問い合わせ
株式会社チームスピリット

関連ページ

今、最重要視される経営戦略 ワークスタイル変革