日経平均は102円安の1万3650円に

上海株急反発で一時下げ渋るが大引けにかけ崩れる

16日の東京株式市場は続落。日経平均株価は前日終値比102円83銭安の1万3650円11銭、TOPIXも同9.17ポイント安の1142.65といずれも2日連続の下落で引けた。東京市場に遅れて始まった中国市場で上海総合指数が急反発したことから、後場の日経平均は一時1万3700円台に乗せるなど、下げ渋る場面もあったが、上海総合指数がその後下げに転じるなど、アジア市場が総じて軟調となったことから、大引けにかけて、日経平均も再び下げ幅を拡大した。

東証1部での出来高は概算で18億7447万株、売買代金は1兆6246億円と、お盆休暇の前後でもあり売買は低調だった。売買代金が2兆円を割るのは8月12日以来5日連続。

本日の東京市場は、前日の欧米市場が株安となったことや、朝方に為替が1ドル=97円02銭をつけるなど円高基調となったことなどから、日経平均が前日比220円安の1万3532円でスタート。その後は為替がやや円安に傾いたことなどから、一時は91円安まで下げ渋ったものの、前引けにかけては再び売られ、174円安の1万3578円で引けた。

昼のバスケット取引は50億9500万円が成立と非常に低水準であり、「売り買い均衡」と伝えられた。後場寄りの日経平均は、上海総合指数の急反発を受ける形で、前引けよりも90円高い1万3669円(前日比では83円安)でスタート。小口の先物買いが入ったことで、13時58分には、前日比13円安の1万3739円まで下げ渋った。が、上海総合指数が一時下げに転じたうえ、台湾を除くアジア市場が総じて軟調だったことから、大引けでは1万3700円台を割り込んだ。

東証33業種別にみると、値上がりしたのは鉱業、証券、サービスの3業種のみ。残りの30業種は値下がりした。下落率では、紙・パルプの2.23%を筆頭に、保険、非鉄金属、鉄鋼、電気・ガスが続いた。東証1部の値上がり銘柄数は426(全体の24.3%)、値下がり銘柄数は1184(同67.5%)、変わらずが143だった。個別銘柄では、再生医療のiPS関連ではやされた澁谷工業が6日続伸、ストップ高をつけての値上がり率トップ。8月末からTOPIXに組み入れられる大阪市場銘柄である、三谷セキサン、六甲バターなども値を上げた。一方、リブセンス、CTC、愛知製鋼などの下げが目立った。

来週は19日に発表される7月の貿易収支、21日に発表される7月の米国中古住宅販売件数など重要指標の発表が控える。22~24日に米国ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次シンポジウムについても、バーナンキ議長は欠席するものの、日銀の黒田総裁が出席する予定のため、要注目だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。