「ヤマト運輸」が、時間帯指定配達で一部見直し

19日から「正午から午後2時」指定を廃止

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

宅配便最大手のヤマト運輸はドライバーの負担を減らすため「正午から午後2時」の時間帯指定の配達を廃止するなど19日からサービスを変更する。

ヤマト運輸はこれまで6つの時間帯から時間を指定して荷物の受け取りができるサービスを展開してきたが、このうち正午から午後2時の配達を19日から廃止し、ドライバーが休憩をとりやすくする。またこれまで午後8時から9時までだった指定の枠を午後7時から9時までの2時間に拡大して配達が集中するのを防ぐ。

宅配をめぐってはネット通販の荷物が急増していることから人手不足が深刻化していて、通販サイトのZOZOTOWNが当日配送を見直すなどサービスを変更する動きが相次いでいる。

日テレニュース24の関連記事
北方領土への空路墓参中止 日程再調整へ
政権方針、今後「国民に丁寧に説明」菅長官
ロンドン車突入 1人死亡、10人ケガ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。