Z会

子どもに今必要な「未来を生き抜く学び」とは

「親世代の常識」はこれからも通用するのか?

絶え間なく変化し続ける社会で、今の子どもたちが将来活き活きと自分の持つ力を発揮できるようになるためには、どのような学びが必要だろうか。Z会ICT事業部指導課総合担当主任の髙木信太郎氏は、「これからの社会では、他の国や他の文化の人と協働して課題を解決していくことが求められます。そのためには、知識・技能だけではない考える力が必要です」と指摘する。創立以来、受験にとどまらない本物の学力を身に付けることを目指してきたZ会では、そうした「考える力」を身に付けるためにはどうすればよいと考えているのか。その答えが「Asteria」シリーズの最新講座となる「総合探究講座」だ。

「学力の3要素」が重視される時代に

現在、私たちは少子高齢化、国際化、情報格差……といった未解決の課題を、未来の子どもたちに積み残していっている状況にある。一方、AIなどのテクノロジーが日々発達し、複雑に変化していく社会の中で生き抜くには、既存の価値観にとらわれることのない柔軟に対応できる力が必要になってくるはずだ。

そうした環境を生き抜くために必要とされる学力とは何か。Z会の髙木信太郎氏は、「学力の3要素」と呼ばれるものが重要視されていると指摘する。

「学力の3要素とは、『知識・技能』『思考力・判断力・表現力』『主体性・多様性・協働性』を指します。

『知識・技能』については、AIの発達によって不要になるという議論も一部にはありますが、新しい発想や考え方を生み出すにあたって、知識・技能は不可欠のものです。

二つめの『思考力・判断力・表現力』は、これまでも難関大学の入試では記述式として問われてきたものです。2021年から始まる『大学入学共通テスト(仮称)』で記述式が導入されれば、より多くの受験生に問われるようになってくるでしょう。

そして、最も必要とされるのが三つめの『主体性・多様性・協働性』です。労働人口の減少により、外国人や女性・高齢者など多様な人材活用が必然となっていく日本において、異文化の人と積極的に協働していく力は、ますます欠かせない能力となってきています。これらは筆記試験の点数では測れない力であり、今までの日本の教育に足りなかった部分だと考えられます」(髙木氏)

実際、現場では「アクティブ・ラーニングや協働的な学びが必要だ」という方向で改革が進んでいるが、そうした新しい教育の方法論が確立されていないというのが髙木氏の見方だ。

次ページ新しい学力を身に付けるための三つのポイントとは
資料請求
未来を共創する21世紀型Online Academy
Z会Asteria
詳しくはこちら
お問い合わせ
株式会社Z会
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩105-17
 http://www.zkai.co.jp/ad/asteria/lp/index.html