SK-Ⅱ

決められた期限なんてない

自分らしく生きる選択をSK-Ⅱが応援

自由な価値観が浸透したと思われる現代社会においても、女性にとっての「30歳」は、いまだ結婚やキャリアの分岐点として捉えている女性も多い。SK-Ⅱが発表した、10~50代の女性1400人に対して行った「女性の生き方」に関する意識調査から、現代特有の女性が抱える葛藤が見えてきた。 

 

いつの間にか、すっかり定着した「アラサー」という言葉。テレビドラマや雑誌の特集などでも頻繁に取り上げられるテーマのひとつである。男女ともに平均初婚年齢が上昇し、30代40代での結婚・出産、あるいは結婚しないという選択肢も珍しくない現代においては、年齢や性別にとらわれない自分らしい生き方という価値観が浸透してきたように思われる。だが、まだまだ女性にとって「30歳」前後は、強く意識せざるをえないタイミングとなっているようだ。昨今、中国における25歳以上の未婚女性を表す「剰女(シェンニュイ)」という言葉が話題となったが、年齢でカテゴライズされてしまう女性たちの苦悩は、多くの国でいまだ他人事ではない。世界的に見ても年齢にプレッシャーを抱えている女性は多く、日本においても、「仕事も忙しいが、30歳までに結婚もしたい。子供もほしい」というような声はよく聞かれ、20代後半では特に、キャリア、結婚に30歳のゴールを見据え、プレッシャーに感じる女性も少なくない。実際に、高級スキンケアブランド「SK-Ⅱ」が行った、10代~50代の女性1400人の「女性の生き方」に関する意識調査の結果では、20代女性の約6割が、「30歳」という年齢に対してなんらかの不安やプレッシャーを感じているということが明らかになった。

充実しながらも不安を感じる「30歳」の壁

年齢の節目は、30代だけではない。20代、40代、50代を迎えるにあたって、それぞれに違った不安やプレッシャーはあるはずだ。しかし、今回の調査では、「20歳、30歳、40歳、50歳という年齢の節目のなかで、どのタイミングに最も不安や心配を感じるか」という問いに対して、「30歳」と回答した人が41.6%と最も多く、他の節目の年齢に比べて1.5~2倍多い結果となった。さらに、20代に限って言うと、63.5%が「30歳を迎えることが不安」と回答した。

次ページ「30歳の不安」は「自立」と裏表?
お問い合わせ