「幕末の開国」を面白く簡単に解説してみた

ペリーとハリス、2人のキーマンがいた

松陰が密航をしようと身を隠し、小舟を漕ぎ出した弁天島(写真:渡辺 祥仁 / PIXTA)
お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」の房野史典さんの処女作『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』。「面白い文章」の中に、複雑な人間関係や、ころころ変わる勢力図が詰めこまれています。
その房野さんが、次に面白く伝えるのが「幕末」。幕末は、映画や小説、漫画にもなることも多く、とても人気の時代ではあるのですが、実にややこしい時代でもあります。そのややこしい時代の構造が、するする~~!!と頭に入ってしまうのがこの連載。幻冬舎plusとのコラボ、第2回をお届けします。
第1回:「幕末」今だから知っておきたい基本中の基本

さて、外国から次々使者がやってきて、日本はやりすぎ?ってくらい次々と条約を結んでいきます。

日本にとって、海外への扉が開くのは、恐れとともにドキドキする希望も大きかったことでしょう。

慣れない大きな変化に、当時の日本は、そして“あの人気者”は、どんな対応をしたのでしょうか?

冬から春にかけてのひと夏の経験

幕末エピソード2です。

それでは前回の軽いおさらいを。

ペリーちゃん、黒船で日本にやって来る。

幕府大あわて。

とりあえず、アメリカからのお手紙受け取る。

ペリーちゃん「来年またくるよ」宣言。

みんなから意見聞いて、幕府の力、パワーダウン。

「手紙の答えをもらいに、来年の春……また………来るからね……」と、脅し気味に去って行ったペリーさん。

実はペリーさんが帰ったあとすぐに、またまた外国船が……。今度はロシアのプチャーチンって人が日本にやってきたんです。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

ご用件はアメリカとほぼ同じ。

プチャーチン:「ねぇ、仲良くしようよ? 開国しようよ〜」

幕府は、「ロシアまで来ちゃった……! どうするよ…………どうすんのよ!?」と、焦ったでしょうが、他にも焦った人物が。それは、

ペリー:「ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい! ロシアが日本に行ったよー!! ヤバいよーーー!!!」

香港にいたペリーさんでした。

次ページ最初に開国させて、有利に立ちたい!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。