ロンドン襲撃、「イスラム国」が犯行声明 

IS傘下のメディアが「兵士らが行った]と発表

 6月4日、英ロンドン中心部で7人が死亡し、多数が負傷した3日の襲撃事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)傘下のメディア「アマック」は、ISが攻撃を実行したと伝えた。写真はロンドンの事件現場付近で撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls)

[カイロ 4日 ロイター] - 英ロンドン中心部で7人が死亡し、多数が負傷した3日の襲撃事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)傘下のメディア「アマック」は、ISが攻撃を実行したと伝えた。

アマックは「派遣されたイスラム国兵士らが昨日のロンドン襲撃事件を行った」との声明を発表した。

英ロンドン中心部のロンドン橋などで3日夜、ワゴン車暴走や刃物による襲撃で少なくとも7人が死亡した。英国で発生した過激派による襲撃は3カ月弱で3度目となる。

死亡者にはフランス国籍とカナダ国籍が1人ずついたという。負傷者は少なくとも48人。オーストラリア当局は、負傷者に豪州人が1人含まれていると発表した。

事件は3日午後10時(日本時間4日午前6時)ごろに発生。最初の緊急通報から8分以内に、警察はロンドン橋の近くの食品市場「バラマーケット」で容疑者の男3人を射殺した。

ロンドン警視庁のマーク・ローリー警視副総監によると、犯行グループは自爆装置付きのベストを装ったものを着用していたため、警官8人が銃弾約50発を発射した。ベストは調査の結果、偽物だったことが判明した。市民が流れ弾に当たり負傷したが、命に別状はないという。

警察は、ロンドン東部バーキングで事件との関連性が疑われる12人を逮捕。ロイターのカメラマンによると、近隣地域のイーストハムでも捜査が行われているもようだ。

事件の目撃者によると、白いワゴン車を降りた犯人らは周囲の人々を攻撃しながら、バーやレストランが密集するエリアに侵入し、人々を無差別に刺した。犯人らが「これはアラーのためだ」と叫んだのを聞いたという目撃者もいた。

イングランドの保健当局によると、4日午後時点で36人が病院に収容され、そのうち21人が重体。

ロンドンのカーン市長は、英国の警戒レベルは「シビア」のままであり、攻撃の危険性は非常に高いと指摘。「いまわれわれにできることは、8日の選挙で脅しには屈しないと示すこと。そして民主主義、市民の自由、人権の重要性への理解を確実なものにすることだ」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。