シノケンプロデュース

今、アパート経営で知っておくべきこととは

シノケンプロデュース

年金をめぐる議論がさまざまに行われている。急速に進む少子高齢化を背景に公的年金を支える現役世代の人口は減少の一途。「安心して暮らせる老後」のためには公的年金だけに頼るのではなく、何らかの資産形成も選択肢として考える必要がある。そこで注目されているのがアパート経営による不動産投資だ。

アパート経営で大事なことは何か

だが、不動産投資と聞くと「本当に安全なのか」と不安に感じる方もいるかもしれない。確かに昨今では不動産投資の過熱ぶりを指摘する報道もある。アパート経営には興味がありつつも、不安を抱く方もいるのではないだろうか。

安定した運用には何が必要か

安心して運用するためには、アパート経営の知識をしっかりと持っておくことが必要だ。

アパート経営の際に重要となるのは、何と言っても入居率だ。アパート経営の収入は居住者からの家賃収入なので、入居率の低い物件はその分収入が少なくなってしまう。

シノケンプロデュース
取締役社長
玉置貴史

ではどのような物件が高い入居率が見込めるのだろうか。アパート経営に豊富な実績を持つシノケンプロデュースの玉置貴史取締役社長によると、入居率を決めるいちばん大きな要素は「立地」だと言う。「どんなにデザインや設備が良い物件でも、立地が悪い、ニーズがない場所では入居者を集めるのは難しい」と語る。

それ以外にも、入居率を決めるのにはさまざまな条件がある。下のバナーからダウンロードできるPDF「入居率98.9%のシノケンに見る『良い物件』とは」では、創立27年経過しているにもかかわらず98.9%※という入居率を誇るシノケンのノウハウをもとに、「良い物件」の選び方を解説している。アパート経営にご関心がある方は、参考にされてはいかがだろうか。

※2017年3月末現在、自社企画開発物件において

資料請求