マニラカジノの発砲・放火事件、36人死亡 

テロとは無関係=アベラ大統領報道官

 6月2日、フィリピンの複合娯楽施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」で未明に銃で武装した男が乱入し発砲、カジノテーブルに放火する事件が発生し、少なくとも36人が死亡した。写真は煙が立ち上る事件現場から避難した従業員や顧客ら(2017年 ロイター/Erik De Castro)

[マニラ 2日 ロイター] - フィリピンの複合娯楽施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」で2日未明、銃で武装した男が乱入し発砲、カジノテーブルに放火する事件が発生し、少なくとも36人が死亡した。アベラ大統領報道官が明らかにした。当局によると、容疑者は強盗を企てたが、失敗したとみられる。

死亡者の大半は煙で窒息

同国では南部ミンダナオ島のマラウィ市が過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力に占拠されているが、アベラ大統領報道官は、今回の事件とは無関係との見方を提示。「すべての証拠は、明らかに感情的な混乱をきたした個人による犯罪であることを示している。加害者は威嚇射撃を行ったものの、誰かに危害を加えようとした形跡はなかった」と説明した。

死亡者の大半は、煙から逃げようとしてパニックになる中、煙により窒息したものとみられる。

警察によると、明け方ごろホテルの部屋で容疑者とみられる焼死体が見つかったといい、「明らかにガソリンによる焼身自殺だった」という。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?