「喫煙による死者」は世界で毎年700万人

製品サイクルの全過程で環境汚染、WHO発表

 5月30日、世界保健機関(WHO)は、たばこが環境に及ぼす影響について初の報告書を発表した。写真はたばこを吸う男性。印ニューデリーで2005年10月撮影(2017年 ロイター/Kamal Kishore)

[ジュネーブ 30日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は30日、たばこが環境に及ぼす影響について初の報告書を発表した。大量の化学物質やエネルギーの使用、製造・流通過程における公害により、たばこは環境に大きな被害をもたらしており、たばこ業界はその穴埋めをすべきだと指摘した。

WHOは「たばこの製品サイクルの最初から終わりまで全ての過程が環境を汚染し、ダメージを与える」と説明した。

WHOのVinayak Prasad氏は記者会見で、たばこが環境に与える経済的影響を見極めるには、さらに調査が必要だと述べた。

5月31日はWHOが定めた世界禁煙デー。WHOによると、喫煙による死者は世界で年間700万人に達している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。