プロが教える「男性シャツ」の意外な洗濯ワザ

見た目の清潔さで「デキる感」に差をつけよう

シャツをちょっと素敵に仕上げるコツは?(写真:Rostislav Sedlacek / PIXTA)

多くの男性が毎日着るであろうビジネススーツやシャツ。ここがシャキッとしているかどうかで「デキる感」に大きな差が出てきます。でも毎回クリーニングに出したり、アイロンを掛けたりというのは、ちょっと大変ですよね。そこで、多くの男性にファッションのアドバイスをしている、ファッションスタイリストの大山旬さんに、洗濯のコツについて聞いてみました。

汗をかく夏だからこそ、清潔感を大切に

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

まず大山さんにビジネスファッションをキレイに見せる上で大事だと思われるポイントについて伺うと、とにかく清潔感という答えが。「清潔感は、会う方に信頼感を与えることにも繋がります。また流行や情報に敏感かを示すためにも、服のデザインは“今の時代らしいか?”を意識して選んでほしい。“今を生きているか”が大事なんです」とのこと。

清潔感が大事なことはよくわかりますが、夏は汗をかきやすい季節、白いシャツはどうしても汚れが目立ちます。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?「お洗濯の前はとくにシャツの首回りが汚れていないかチェックして欲しいです。あとは襟などが型くずれしていないかどうか。それには洗剤をしっかり選ぶことが大切なんです」。

次ページシャツを洗濯ネットに入れて洗う効用
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。