米国株、S&P500とナスダックが最高値更新

薄商いの中、「消費関連株」に買いが継続

 5月26日、米株はほぼ横ばいで終了。消費関連株が前日に続いて買われ、S&P総合500種とナスダック総合は前日に続き終値で過去最高値を更新した。写真はNY証取のトレーダー。25日撮影。(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国株式市場は3連休を控え薄商いとなるなか、ほぼ横ばいで終了した。ただ消費関連株が前日に続いて買われ、S&P総合500種とナスダック総合の両指数は前日に続き終値として過去最高値を更新した。

来週29日にメモリアル・デーの祝日を控え、この日の売買高は約52億株と、年初来で最低。エクセンシャル・ウエルス・アドバイザーズの最高投資責任者(CIO)、ティム・コートニー氏は「市場は不気味なほど静かだった」としている。

週足ではダウが1.3%、S&P500が1.4%、ナスダックが2.1%、それぞれ上昇した。

朝方発表された第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は年率換算で前期比1.2%増と、速報値の0.7%増から上方改定。エクセンシャルのコートニー氏は、「市場では米経済が今年リセッションに陥ることはないとの見方が大勢となっている」とし、このところは政治ニュースが市場の動意となる傾向があるとしている。

個別銘柄では、前日に好調な決算を発表した会員制倉庫型ストアのコストコ・ホールセール<COST.O>が1.8%高で終了した。生活必需品株指数<.SPLRCS>と一般消費財株指数<.SPLRCD>はともに0.3%高。

化粧品・美容関連商品小売のアルタ・サロン<ULTA.O>は3.2%高。通年業績予想の上方修正が好感された。

靴メーカーのデッカーズ・アウトドア<DECK.N>は決算が好感され18.8%急伸し、9カ月ぶり高値を付けた。

一方、ゲーム小売りチェーン世界最大手のゲームストップ<GME.N>は5.9%安。第1・四半期決算は利益と売上高が市場予想を上回ったものの、通年の利益見通しを据え置いたことが嫌気された。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.14対1だった。ナスダックは1.12対1で下げ銘柄が上げ銘柄を上回った。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種21080.28 -2.67 -0.01 21070.15 21092.82 21050.49 <.DJI>

前営業日終値 21082.95

ナスダック総合 6210.19 +4.94 +0.08 6207.04 6211.52 6196.66 <.IXIC>

前営業日終値 6205.26

S&P総合500種2415.82 +0.75 +0.03 2414.50 2416.68 2412.20 <.SPX>

前営業日終値 2415.07

ダウ輸送株20種 9176.20 +12.36 +0.13 <.DJT>

ダウ公共株15種 720.22 -0.08 -0.01 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1084.85 +4.10 +0.38 <.SOX>

VIX指数 9.81 -0.18 -1.80 <.VIX>

S&P一般消費財 721.91 +2.21 +0.31 <.SPLRCD>

S&P素材 331.59 +0.95 +0.29 <.SPLRCM>

S&P工業 575.69 +0.54 +0.09 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 580.26 +1.89 +0.33 <.SPLRCS>

S&P金融 391.38 -0.25 -0.06 <.SPSY>

S&P不動産 197.16 -1.28 -0.64 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 487.49 +0.40 +0.08 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 875.05 -1.85 -0.21 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 155.99 -0.26 -0.17 <.SPLRCL>

S&P情報技術 966.77 +0.10 +0.01 <.SPLRCT>

S&P公益事業 269.54 -0.15 -0.06 <.SPLRCU>

NYSE出来高 6.83億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 19715 + 5 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 19705 - 5 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。