シャープ戴社長、「最悪期を生き残れた」

今期は4年振りの最終黒字をめざす

 5月26日、シャープは、未公表だった2018年3月期の業績予想を公表した。純損益は590億円の黒字を見込む。写真の同社ロゴは都内で昨年3月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[堺市 26日 ロイター] - シャープ<6753.T>は26日、未公表だった2018年3月期の業績予想を公表した。純損益は590億円の黒字を見込む。実現すれば最終黒字化は4年ぶり。

併せて、2019年度を最終年度とする中期経営計画を発表。19年度売上高は3兆2500億円(17年度予想2兆5100億円)、営業利益1500億円(同900億円)を目標としている。

記者会見した戴正呉社長は「(債務超過で始まった)2016年度の最悪期をサバイブできた。中期計画では守りから攻めへ、構造改革から事業拡大へ」と強調した。

中期計画では、家電分野でIoT(モノのインターネット)との連携や、2018年から日本国内の衛星放送で実用化される「8K」に対応した液晶テレビの販売に注力する。19年度までの3年間で4000億円強の投融資を行う。

親会社の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>と共同で買収に動いている東芝<6502.T>のフラッシュメモリー事業については「応札しているが、プロセス中でコメントできない」(戴社長)としている。

(浜田健太郎 編集:内田慎一)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ビジネスに効く!<br>教養としてのテクノロジー

AI、ブロックチェーン…今さら聞けないテクノロジーを解説。会計・英語に並ぶビジネスの即戦力スキルだ。米MITメディアラボ・所長伊藤穰一のインタビューを掲載。未来を見通す特集。