「地毛証明書」問題で暴かれたニッポンの本性

日独ハーフの筆者がこうも不気味に思うワケ

ドイツには、さまざまなルーツの人が住んでいます。したがって、その髪の色も、赤毛、金髪、茶色、黒など色とりどり。見た目に関して「何が普通で何が変」という発想自体がありません。そもそも、人間の見た目にケチをつけ始めたら、80年以上前に12年間続いた「かの時代」に戻ってしまうという懸念がドイツ人にはつねにあります。

ですから当然、ピアスや化粧、ネイルなども全部自由なのですが、そもそもドイツではオシャレに力を入れている女性が日本よりも少ないため、バッチリ化粧やネイルをしている女学生を見掛けることはドイツではまれです。そういう意味ではピアスがいちばん浸透しているかもしれません。子どもの頃からピアスをしている人も多いのです。洋服に関しては、思春期の子がビリビリに破けたジーンズをファッショナブルに着こなしながら通学していたりしますが、もちろん先生は何も言いません。

頭髪という「個人的問題」を説明する必要はない

まあ、よその国はよその国です。外国のまねをすればよいという話でもないのかもしれません。ただ、外国とは比べずにこの問題を考えてみても、やはり地毛証明書は、百害あって一利なしだと言わざるをえません。

頭髪。それは極めて個人的なことです。頭髪がないことが病気の治療によるものなのか、それとも生まれつきの体質によるものなのか、または食生活の結果頭髪がないのかを、周囲に説明し理解してもらう必要はまったくありません。髪の色だって同じです。過去にパーマをかけすぎたせいで傷んで「茶髪」なのか、それとも今現在髪を染めているからなのか、はたまた先祖のルーツが外国にあることが原因なのか。あるいは、生粋の日本人でも、生まれながら茶色、という人は少なくありません。こうした極めて個人的なことを、周囲に説明して理解してもらう必要はまったくないのです。

それにしても、幼少期の写真とは、アルバムを広げながら「あの頃は楽しかったな」「こんなことがあったな」と懐かしみながら個人的に楽しむものだと筆者は思っておりました。それが「証拠」として使われることもあるとは……。考えれば考えるほど不気味なことなのであります。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。