大戸屋、経営陣の提案に創業家が示す「答え」

功労金の支払い額で両者に溝、新たな火種に

この1年間、経営の混乱が話題になった大戸屋。事態は収束に向かうか(撮影:尾形文繁)

「大戸屋ごはん処」を運営する大戸屋ホールディングスで、現経営陣と創業家の対立が表面化してから1年。事態は意外な展開を見せている。

会社側は5月10日、2017年3月期本決算と同時に、新たな取締役の人事案と、功労金の支払いを発表した。

功労金については、前会長の故・三森久実氏の遺族に対し、創業者功労金2億円と、遺族に対する弔慰金1000万円を払うという意向を示した。

前会長の死をきっかけに対立が表面化

現経営陣と創業家の対立の発端は、大戸屋の実質的な創業者だった久実氏が2015年7月に病気で急逝したことにさかのぼる。

久実氏が保有していた18%超の株式について、同氏の生前から会社側と創業家は、巨額の相続税の支払いを懸念。株式を売却せざるを得ない状況を想定し、功労金の支給を検討していた。

東洋経済が入手した文書によると、会社側は久実氏の死後に8億円超を支払う方針を固めていたが、後に撤回。取締役だった息子の三森智仁氏は辞任し、株式については2016年3月に妻の三枝子氏と智仁氏が相続した。

不満を持った創業家側は、昨年5月に功労金の支給と智仁氏の取締役復帰を求めて反対を表明。両者の対立は世間が知るところとなった。

次ページ経営陣の提案に創業家はどう答えるのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。