日揮が異色の「復職」社長に再建を託すワケ

会社を一度退職、今年2月に復帰したばかり

6月末に社長に就任する石塚忠・日揮上席副社長。高専卒、一度退職した経歴など、異例づくしの就任となる(撮影:今井康一)

プラント業界最大手・日揮に異例の“復職”社長が誕生する。日揮は5月11日、6月末の株主総会後に川名浩一現社長の後任として石塚忠上席副社長が就く人事を発表した。

「三顧の礼」をかたくなに断る“意固地”者

石塚次期社長は現在65歳。佐藤雅之会長(62)、川名社長(59)とは年齢が逆転する。宮城工業高等専門学校(現仙台高専)卒業後に日揮に入った。大学卒が社長に就くのが普通の大企業にあっては、高専卒はいかにも珍しい。

さらに2015年6月には、副社長まで上り詰めたキャリアを捨てて同社を退社している。上席副社長として会社に戻ったのは、1年8カ月後の今年2月。そして2カ月後の4月には、佐藤会長から社長就任の打診を受けた。

「年齢を考えると、受けるべきかどうか逡巡した」。本人は打診を受けたときの心境を正直に打ち明ける。急転直下、あれよあれよという間の事態の進展に、青天(せいてん)の霹靂(へきれき)だったという述懐もうそではないだろう。

副社長を辞めたのは家庭の事情からだった。佐藤会長はなんとか思いとどまるよう説得したが、家庭の事情と言われれば無理強いできない。だが、佐藤会長はあきらめきれなかった。昨年11月、家庭の事情が解消に向かっているとの情報をつかんだ佐藤会長は、会社に戻るよう本人に説得を試みた。だが石塚氏の答えはノー。

石塚氏には意固地な面がある。退社した際は、仕事に関連した書類や参考資料をすべて廃棄。残したのは2000枚の名刺が入ったホルダーだけ。ビジネスに戻る気はさらさらなかった。古巣の同僚たちとはいっさい連絡を取らず、酒の誘いも断った。

次ページ心変わりのきっかけは”妻の一言”
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。