結婚に3回失敗した男が知った「結婚の真理」

投身自殺、婚約破棄を乗り越え……

結婚相談所では、お見合いから3カ月後には「結婚するかどうか」の意思表示をするという取り決めがある。それを「1年待ってほしい」と言われた裕紀(42歳、仮名)は、それを受け入れることにした(写真:shimi / PIXTA)

結婚相談所は、言うまでもなく“結婚をしたい”と思っている男女が登録をする場所だ。利用者の目的は、“恋愛”ではなく明確に“結婚”なのだ。

「お見合い後半年以内」で入籍がほとんど

そこで、いくつかの取り決めがある。お見合いをし、交際に入ったら1カ月後には、“結婚を前提に付き合うかどうか”の意思確認をすること。結婚を前提に付き合うようになった場合には“真剣交際”に入り、お見合いした日から3カ月後には、“結婚するかどうか”の意思表示をすること。

この連載の一覧はコチラ

よって、結婚相談所で結婚を決めて、“成婚退会”していくカップルは、結婚に向かってまっしぐらに進んでいく。両家のあいさつを済ませ、婚約指輪と結婚指輪を買い、結婚式場を予約し、入籍をする。この一連の流れをトントン拍子でやってのける。もちろんカップルによってスピードは違うのだが、半年以内に入籍しているカップルがほとんどだ。

もちろん人の気持ちなので、決められた期間の中で答えを出せないこともある。よって、必ず守らなくてはいけない取り決めではない。お互いが、「もう少しお付き合いをして相手を見たい」というのであれば、2人の意思を尊重して3カ月を越えて交際していてもよい。しかしそれがどちらか一方の要望だった場合は、3カ月でいったん交際を終了させる。

結婚を決断できない相手に引っ張られ、半年、1年と付き合い、揚げ句の果てに、「やっぱり結婚できない」となったら、待たされたほうはそれだけの時間を無駄にしてしまうからだ。

だから私は、裕紀(42歳、仮名)のことが心配だった。

去年の5月に39歳の女性との成婚を決め、退会していったのだが、彼からのプロポーズを受けた彼女が、こんな提案をしてきた。

「1年は婚約期間で付き合って、本当に2人がうまくやっていけるのかを確かめてから入籍をしたい」

彼女にそう言われた裕紀は、私に相談に来た。

次ページ彼女が「1年待って」と言った理由
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。