「食べないダイエット」に潜む想定外のリスク

ちょっとずつしか食べなくても痩せられない

理想の体型を手に入れるための食事法とは?(写真:ABC / PIXTA)

大事なのは「何を食べるか」よりも「いつ食べるか」だったんです! いつでもラクラク2kg痩せできて、しかもきれいな体型になれるノウハウがぎっちりと入っているのが『12時前にランチを食べれば太らない。』です。食べながら痩せたい人、必読!

ちょこちょこ食べが痩せないのは食間が短いから

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

「カノンさん! 私、食べてないんですよ、ちょっとだけしか。ご飯も減らしているし、おやつだってちょっとだけなんです。でも、全然痩せないんです。どうしてでしょう?」

私のサロンでは、ダイエットはもちろん下半身痩せ、バストアップなど、体重&体型の悩みを個人カウンセリングしています。そのなかでとても多いのが、「食べるのを減らしているのに痩せない」という悩みです。

その気持ち、とてもよくわかります。

「ちょっとしか食べてないのに」という言葉の裏には、「そりゃ、たくさん食べたら太るのはわかっています。でも、ちょっとだけなら太らないはずなのに……」という気持ちがあるのです。

個人カウンセリングでは、最初に身体のサイズ計測とあわせて4日分の食事の報告をしてもらっています。朝起きて、いつ、何を、どれくらい食べたかを記録して提出してもらうのです。

そこで、「ちょっとだけしか食べてない」という人たちの食事について分析してみると、実は約2時間おきに、ちょっとずつ何かを食べているパターンが多いのです。

次ページちょっとだけ……ちょっとだけ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。