コミーFBI長官「電撃解任」にウラはあるのか

「第2のウォーターゲート事件」との説も

コミー長官”電撃解任”の真相は?(写真:ロイター/Joshua Roberts)

ドナルド・トランプ米大統領は、5月9日、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官を電撃的に解任した。なぜ、このタイミングで解任したのだろうか。

ホワイトハウスは、昨年の米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン元国務長官の私用メール問題をめぐるコミーFBI長官の対応の誤りを解任理由として挙げている。

FBIがクリントン氏の私用メール問題で、任意の事情聴取を始めたニュースが全米メディアを騒がせた時期は、昨年7月初めだった。当時、コミー長官はその件に関して刑事訴追を求めないと表明していた。11月の選挙直前になって再捜査を公表したが、そのときも刑事訴追を見送る方針に変更はないと表明していた。

コミー長官は高潔の人だった

コミー長官は、FBIの中からの圧力に抗しきれずに、ヒラリー問題の再調査を決断したという空気感がありありとしていた。というのは、彼自身、オバマ前大統領から高潔の士と太鼓判を押されていたからだ。

彼は、まだ若き検察官時代に、ニューヨークの巨大マフィアグループの1つに致命的な打撃を加えたことで知られた人物でもある。トランプ大統領が敬愛する姉のマリアン・トランプ連邦控訴審(高等裁判所)裁判官も、同一のマフィアグループに鉄鎚を下した点では、相通じる高潔さと勇気の持ち主だ。そのことをトランプ大統領は百も承知している。

今回、司法省がホワイトハウスに提出した解任勧告によると、「クリントン氏の私用メール問題をめぐるコミー長官の対応は誤っているにもかかわらず、同長官はそれを認めようとしない」となっている。

次ページ「コミー氏は目立ちたがり屋」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。