スズキ、今期営業利益は前期比10%減を予想

インドが伸び世界四輪販売は300万台突破へ

 5月12日、スズキは、2018年3月期の連結営業利益が前期比10%減の2400億円になる見通しと発表した。インドや欧州など海外での四輪車販売は伸びるが、研究開発費や減価償却費の増加などが響く。写真は都内で2月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 12日 ロイター] - スズキ<7269.T>は12日、2018年3月期の連結営業利益が前期比10%減となる見通しと発表した。インドなど海外での四輪車販売が伸び、世界販売は2年連続過去最高を更新し、初の300万台超えを見込むが、販売費用や研究開発費、減価償却費の増加などが響く。

会社の営業利益予想2400億円は、トムソン・ロイターの集計したアナリスト21人の予想平均2547億円を下回る。

インドでの増販に伴う費用増など諸経費で400億円、研究開発費の増加で190億円、減価償却費の増加で170億円それぞれ営業利益を押し下げる。

今期の想定為替レートは1ドル=110円(前期は108円)、1ユーロ=115円(同119円)、1インドルピー=1.65円(同1.63円)などに設定。為替変動による営業利益への影響は、その他の通貨も含めると、差し引きゼロになる見込み。

今期の売上高は同7.3%増の3兆4000億円、純利益は同9.4%減の1450億円をそれぞれ見込む。年間配当は1株当たり前期と同じ44円を予想する。

今期の四輪の世界販売計画は前期比5.2%増の307万1000台。日本は同1.0%増の64万5000台。アジアは同6.0%増の198万3000台で、このうち、主力のインドは8%増を計画する。欧州は9.1%増の26万7000台を想定する。

同時に発表した2017年3月期の連結決算は、売上高が前の期に比べ0.3%減の3兆1695億円だった。為替の影響などにより減収となった。営業利益は同36.5%増の2667億円。為替によるマイナスの影響はあったものの、インド、欧州での四輪販売増が寄与した。

鈴木修会長は会見で、トヨタ自動車<7203.T>との提携内容の具体化について、協議は「全般的に静かに進化している、ゆっくり進んでいく」と述べるにとどめ、詳細な言及を避けた。両社は今年2月、環境・安全・情報技術、商品・ユニット補完などに関して協業の検討に入ることで合意。直ちに推進体制を立ち上げ、具体化を目指すとしていた。

(白木真紀 編集:内田慎一)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。