「ウザい上司の話」うまく乗り切る5つのコツ

「話が長い」「すぐ怒る」…職場にいませんか?

また、同じくよくあるパターンが、「昔の武勇伝」などの自慢話をやたらとしたがる上司です。

「さすがですね!」は魔法の言葉

【コツ3】「自慢話が多い上司」は、とにかく乗って聞けばいい

「Nくんもあの年で課長とは、えらくなったもんだよな。アイツは俺が育てたんだけどさ、最初は企画書ひとつ書けなくて……」

「あれはいまでこそ、わが社のロングセラー商品だけど、元のアイデアは俺が考えたんだ」

やたらと自慢が多い上司っていますよね。何かにつけて「昔の武勇伝」を持ち出す上司もいます。

でもこれは、逆に考えれば「俺を認めてくれ」「俺をほめてくれ」のアピールです。言い方はよくありませんが、その気持ちを満たしてあげれば、機嫌よくいてくれるのですから、対処法は簡単です。

とにかく「さすがですね!」「すごいですね!」と乗って聞いてあげればいいのです。すると、その上司からの覚えも、きっとめでたくなるはずです。

【コツ4】「会話が弾まない上司」は、「質問」で乗り切る

上司と一緒に出かける、あるいはランチを一緒にするなどで「雑談」をする機会も多いと思います。

そういうときに「どんな話をしていいかわからない」「上司とは話が合わなくて困っている」という話をよく聞きます。

最大の共通項である仕事の話も、ずっとそればかりというわけにはいきませんね。

その場合は、こちらから「質問」を投げてみましょう。仕事のやり方の質問でもいいし、上司の趣味や休日の過ごし方、いまの部署につくまでの経歴など、差支えのない部分で大丈夫です。

いろいろ質問すると、何かひとつぐらいは、「自分との共通項」が見つかるはずです。それさえ見つかれば、あとはその「共通項」にまつわる質問をしていけばいいのです。

そうすると、会話が弾み、雑談も乗り切ることができるはずです。

次ページ「人として苦手な上司」はどうする?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。