「南の島」に移住した人たちの生活と本音

埼玉と兵庫の会社員が、波照間島へ

憧れの離島移住(画像提供/チヒロさん)

編集部のKです。人であふれる東京のど真ん中で毎日働いていると、思い切ってどこか遠くの南の島に移住しちゃいたいな~! なんて考えたり。でも実際暮らすとなると島はコミュニティが狭そうだし、買い物もできなくて不便そうだし……。リアルに考えるとどうなのかな?と思ってしまいます。そこで島暮らしのリアルを、沖縄県にある日本最南端の有人島・波照間島に移住したお二人に聞きました。

島で仕事を見つけたことで憧れの移住が現実に

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

波照間島は人口約500人、面積12.73km2(島をぐるっと一周するのに自転車で2時間かかりません)。東京から波照間島までは、まず石垣島まで飛行機で行き、その後高速船で約1時間。船は1日に3便、天候による欠航も多いため、まさに「離島」です。

お話を伺ったのは、その波照間島にある『ペンション最南端』に住み込みで働くチヒロさん(31歳・男性)とカナさん(40代・女性)。チヒロさんは島に移住して4年、カナさんは3年になります。

――まずは、移住したきっかけについて教えてください。

チヒロさん「前職は地元埼玉で製造と営業の仕事をしていたのですが、ふと『このまま仕事帰りに死んでしまったら後悔するな……』という風に考えるようになりました。それで、思い切って仕事を辞めて、興味があった放浪の旅をしようと思ったんです。そこで偶然たどり着いたのが波照間島でした。もともと海があるところに住みたかったのと、貯蓄を削りながら旅をしていたのでしばらくここに滞在しようと、波照間島の居酒屋で働き始めたのがきっかけです。その後、こちらのペンションにお世話になることになりました。

ちなみに、居酒屋で働いていたときもオーナーが借りていた家に住み込みで働いていました。波照間島では住まいを用意した上で人を雇うということが多いようです」

次ページカナさんが移住したきっかけは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。