ソニー株4000円台回復、8年8カ月ぶり高値

有機ELテレビの再参入などを市場が評価

 5月9日、ソニーが堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。写真は都内本社で2015年4月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で9日、ソニー<6758.T>株が堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。

前日に有機ELテレビへの再参入を発表している。「トップラインを伸ばす取り組みへの期待感が出ている。株価が4000円台を回復したことで売り方の買い戻しも入ったようだ」(国内証券)との声が出ている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。