米FOMC金利据え置き、次回追加利上げを示唆

米ドルが円やユーロに対してジリジリ上昇

 5月3日、米FOMCは金利据え置きを決めた。写真はFRBのイエレン議長。ワシントンで3月撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は3日まで開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.75─1.0%で据え置くことを決めた。

第1・四半期の経済減速は「一時的な」公算が大きいとする一方、労働市場の力強さを強調、6月にも追加利上げに踏み切る姿勢を示唆した。

FOMC声明は、個人消費は引き続き堅調としたほか、企業投資は拡大しており、インフレ率も米連邦準備理事会(FRB)の目標に「近い水準で推移している」とし、総じて強気な見方を示した。

「第1・四半期の成長減速は一時的な可能性が高い」とし、経済が緩やかなペースで拡大するとの見方を変えていないと指摘。

経済活動の拡大ペースが減速する中でも、労働市場は依然として力強さを増しており、「消費の継続的な伸びを支えるファンダメンタルズはなお堅調」とした。

また、経済に対する目先のリスクは「総じて均衡しているもよう」との見方をあらためて表明した。

FRBが注目するインフレ指標であるコア個人消費支出(PCE)価格指数は3月、前年比1.6%上昇と、昨年7月以来の低い伸びにとどまった。だがFRBはインフレ鈍化にほとんど懸念を示さず、「2%の長期目標に近い水準で推移している」との見解を示した。

FRBが景気の先行きを楽観しており、利上げ計画に変更はないとの立場を確認したことで、ドルはユーロ、円に対し値上がり。米国債利回りは小幅上昇した。

サヴィルズ・スタッドリーの首席エコノミスト、ヘイディ・ラーナー氏は「第1・四半期の景気減速が過渡的だとの見方をわざわざ強調したのは、年内さらに2度の利上げは依然として選択肢とのFRBの明確な意思表示だ」と話す。

第1・四半期の米国内総生産(GDP)は年率換算で前期比0.7%増と、14年の第1・四半期以来3年ぶりの弱い伸びにとどまった。

FRBは年内にもバランスシート縮小計画を公表する見通しだ。だが、今回の声明で新たな情報の提供はなく、金利の正常化が十分進むまで、償還資金の再投資を継続するとの従来の立場を繰り返し表明した。

今回の決定は全会一致だった。次回FOMCは6月13─14日に開催される。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。