iPhoneのトラブルを速攻で解決できる裏技

実は「純正サポートアプリ」が秀逸すぎる

iPhoneやiPadに不具合が起こったときは、アプリ「Appleサポート」を利用しよう(筆者撮影)

一般的な携帯電話やスマホとは異なり、iPhoneのサポートは大半をアップルが担当している。電話でのサポートに加え、大都市圏に開設されたアップルストアのジーニアスバーでもトラブルの相談などができる。修理については、アップルストアだけでなく、ビックカメラやカメラのキタムラ、クイックガレージなどのアップル正規サービスプロバイダーが実施しており、拠点が全国に広がっているのが魅力だ。一部キャリアショップも、アップル製品の修理を行うようになった。

とはいえ、故障かどうか見分けるのが難しいケースでは、まずはメーカーに相談するだろう。リセットやアプリの削除などで改善する症状もあるからだ。このようなときに便利なのが、サポートアプリ。プリインストールはされていないが、このアプリ、実はアップル純正。不具合のある個所や質問に答えていくだけで、最適な窓口を案内してくれる。ここでは、その使い方やアップルストアならではのサポートの裏技を紹介していこう。

1.修理の予約までアプリで行える

この連載の一覧はこちら

サポートアプリは、「Appleサポート」という名称で、App Storeからダウンロードできる。「Apple サポート」などのキーワードで検索すれば、すぐに見つかるはずだ。アップルのサイトにも同じ機能はあるが、アプリのほうがサポートを受けるまでの手順が整理されており、使い勝手がいい。iPhoneのサポートを受けるなら、やはりiPhoneがいいというわけだ。iPhoneユーザーなら、ダウンロードしておいて損はない。

アプリを開くと、まずApple IDとパスワードを聞かれる。これを入力すると、製品登録済みのアップル製品がずらりと並ぶ。筆者の場合、操作している「iPhone 7」のほかに、「iPad Pro」や「Apple Watch」などが並んだ。ここから、サポートを受けたい製品を選択する。すると、「バッテリー、電源、および充電」や「システムパフォーマンス」「モバイルデータ通信およびWi-Fi」など、トラブルシューティングしたい項目が現れる。ここから、iPhoneの症状に合わせたものを選択すればよい。

次ページどのような対応策が提示されるのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。