海外オンラインカジノ、日本から利用は違法?

「賭博罪」に該当する可能性はあるのか

海外にサーバがあるオンラインカジノを日本国内で遊ぶことは違法?(写真:Alexei Novikov / PIXTA)

「まさか逮捕までされるようになるなんて」。こう驚くのは、首都圏在住の会社員Yさんだ。彼の趣味は「オンラインカジノ」で遊ぶこと。海外にサーバがあるため、法律上は「合法」で、場合によっては「グレー」とされるくらいに思っていた。

ところが、昨年3月、海外のオンラインカジノで賭博したとして、男性3人が賭博の疑いで京都府警に逮捕された。無店舗型のオンラインカジノで個人客が逮捕されたのは全国初だとされている。

事件報道以降、Yさんはビクビクしながらも、オンラインカジノをやめられずにいる。だが、オンラインカジノの決済サービスを提供していた企業「ネッテラー」も、日本在住の人に対して、利用停止に踏み切るなど、状況は激変している。

海外にサーバがあるオンラインカジノを日本国内で遊ぶことは違法なのだろうか。カジノを含む賭博法制(ゲーミング法制・統合型リゾート法制)にくわしい山脇康嗣弁護士に聞いた。

利用客だけ「摘発」できるのか?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

まず、オンラインカジノが問題となるケースとしては、次の(1)(2)があります。

(1)海外のカジノをネットカフェなどの店舗に設置されたパソコンなどを使って利用する場合(いわゆる「店舗型オンラインカジノ」)

(2)海外のカジノを自宅のパソコンや個人所有のスマートフォンなどを使って利用する場合(いわゆる「無店舗型オンラインカジノ」)

そして、海外のカジノをオンラインでプレイする場合、利用客が賭博罪で処罰されるかについては、2つの法的論点があります。

次ページ「国外犯処罰」と「必要的共犯」をどう考えるか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。