米国株、アマゾンとアルファベットが最高値

ナスダックは4月で6カ月連続上昇して終了

 4月28日、米株は小幅安で’終了。3年ぶりの低水準となった第1・四半期の米国内総生産(GDP)統計が重しとなり、このところの上げで利益確定の動きが優勢となった。写真はニューヨーク証券取引所のトレーディングフロアの様子、今月27日撮影。(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国株式市場は小幅安で取引を終えた。3年ぶりの低水準となった第1・四半期の米国内総生産(GDP)統計が重しとなり、このところの上げで利益確定の動きが優勢となった。

第1・四半期の米GDP速報値は年率換算で前期比0.7%増と、14年の第1・四半期以来3年ぶりの弱い伸びにとどまり、市場予想の1.2%増にも届かなかった。

米シティ・リサーチが算出するエコノミック・サプライズ指数は昨年11月以来のマイナスとなった。

弱いデータは、成長率の大幅な押し上げを掲げるトランプ米大統領にとっては痛手だ。

ホッジズ・キャピタル・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ゲリー・ブラッドショー氏は「今後数カ月にトランプ政権が政策の法制化を実現できないと市場は幻滅するだろう」と話す。

週間では、ダウが1.9%、S&Pが1.5%、ナスダックが2.3%それぞれ上昇。月間でもダウが1.3%高、S&Pは0.9%高、ナスダックは2.3%高となった。ナスダックは6カ月連続の上昇で、約4年ぶりの連騰記録となる。

決算を好感し、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>とグーグルを傘下に有する持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>はいずれもザラ場で過去最高値を更新。アマゾンは3.4%高の949.59ドル、アルファベットは5%高の935.90ドルまで値を上げた。その後はともに押し戻され0.7%、3.7%それそれ上昇して終えた。

半導体大手インテル<INTC.O>は3.4%安。予想を下回る決算が重しとなった。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は1.59対1だった。ナスダックも1.76対1で下げ銘柄が上げ銘柄を上回った。

米取引所の合算出来高は約69億4000万株で、直近20営業日の平均である65億5000万株を上回った。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 20940.51 -40.82 -0.19 20987.39 20987.76 20926.75 <.DJI>

前営業日終値 20981.33

ナスダック総合 6047.61 -1.33 -0.02 6072.87 6074.04 6040.71 <.IXIC>

前営業日終値 6048.94

S&P総合500種 2384.20 -4.57 -0.19 2393.68 2393.68 2382.36 <.SPX>

前営業日終値 2388.77

ダウ輸送株20種 9097.63 -96.36 -1.05 <.DJT>

ダウ公共株15種 704.35 -3.23 -0.46 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1005.53 -17.76 -1.74 <.SOX>

VIX指数 10.82 +0.46 +4.44 <.VIX>

S&P一般消費財 716.73 -3.08 -0.43 <.SPLRCD>

S&P素材 333.17 -2.39 -0.71 <.SPLRCM>

S&P工業 569.18 -2.44 -0.43 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 566.54 -0.02 0.00 <.SPLRCS>

S&P金融 390.76 -3.71 -0.94 <.SPSY>

S&P不動産 195.37 -1.17 -0.59 <.SPLRCRE

C>

S&Pエネルギー 498.95 +0.64 +0.13 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 872.26 +2.05 +0.24 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 160.33 -1.71 -1.05 <.SPLRCL>

S&P情報技術 928.33 +3.08 +0.33 <.SPLRCT>

S&P公益事業 262.16 -1.17 -0.44 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.21億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 19235 + 35 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 19215 + 15 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。