「家族が賃貸で突然死」は他人事では全くない

いとうまいこさんの一件で騒然

家族・親戚が自然死をしたらどうしたらいいのか(写真 : aijiro / PIXTA)

先日、タレントのいとうまい子さんが、兄の自然死とそれにともなう不動産会社の対応をブログで明らかにし、話題となっていた。晩婚化・未婚化が進み、一人暮らしの人が増えている今、賃貸住宅での自然死・突然死はひとごとではないというのが注目を集めた背景にありそうだ。では、実際にきょうだいや家族・親戚が自然死をしたらどうしたらいいのか、トラブルの相談先や予防の方法を専門家に聞いてみた。

自然死に気がついたら、まずどこに知らせる?

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

まずは、いとうさんの話を整理してみよう。今年1月、いとうまい子さんの兄が、自宅で亡くなったという。眠ったままの突然死であり、殺人や自殺でもないとのことだが、不動産会社から「1日でも早く撤去させろ!」「フローリングを変えるから120万円払え!」といった心無い言葉をかけられたという。

きょうだいや家族・親戚が亡くなったとあれば、それだけでもショックは大きいもの。とはいえ、死亡に伴う事務手続きなどは粛々と行わなくてはいけないが、そもそも、きょうだいや家族の死亡に伴う手続きや整理などは、何をどうすればいいのか、分からないことばかりだ。そこで行政書士であり、遺品整理などにも詳しい第八行政書士事務所の谷茂さんに聞いてみた。

「まず、誰にも看取られずに亡くなっていた場合、警察による確認が必要となります。明らかに死亡しているなら警察へ連絡し、それ以外の場合は救急(119番)へ連絡しましょう。

その後に、賃貸物件の貸主である大家や管理会社に知らせてください。あわせて、故人が地域包括支援センターや民生委員などとかかわっていたら担当者へ、生活保護を受けていた場合は生活保護受給者を担当する部署へ連絡してあげるとスムーズです」(谷さん、以下同)

次ページ故人の遺したものを相続するか決める
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。