言い過ぎは要注意!「ひとり言」の危険な兆候

一人暮らしの人は増えがちだが…

“危険”な独り言とは?(写真 : ryanking999 / PIXTA)

自分以外誰もいない一人暮らしの部屋。話し相手がいない空間で、つい独り言をつぶやいてしまった経験がある人もいるだろう。テレビに向かってツッコミを入れるくらいならまだいいが、「度を越した独り言」はストレスや精神疾患の前触れであるといわれることもある。では、具体的にどんな独り言が“危険”なのだろうか? 精神科医に聞いた。

一人暮らしだと「独り言」が増える? その理由

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

お話を伺ったのは、「ゆうメンタルクリニック」総院長のゆうきゆう先生。まずは、そもそも一人暮らしの人が独り言をつぶやいてしまうメカニズムについて解説してもらった。

「一人で過ごす時間が増えると、孤独を感じ、自分の考えや気持ちを頭の中にためてしまいやすくなります。そうした気持ちの揺らぎは不安なものですが、あえて言語化し声にすることでそれを認め、不安や孤独といった心理的なストレスをケアすることができるとされています。声に出すだけでなく『自分の声を聴く』という部分でも安心感を得られるので、独り言が多い人は自ら心のバランスをとろうとしているといえるでしょう」

また、独り言には「思考を整理する」という側面もあるようだ。

「人によっては、自分の考えや気持ちを言語化することで、自ら確信や納得を得ようというケースも見られます。例えば、エンジニアなど一人で黙々と作業をするタイプの仕事をしている人は独り言が多くなる傾向にあるのですが、これも自分の考えを一度口に出して整理し、納得するプロセスを踏んでいる可能性があります。独り言を言うことで自分自身と対話し答えを見つけようとしたり、思考を明確化してそれを強化していく。無意識のうちに、そんな“自己強化”をしてしまうのではないでしょうか。

次ページ精神疾患が疑われるケースとは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。