バフェット氏も賞賛する、日本型経済モデル

競馬も4連勝中!ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

「安倍首相、取り戻すべきは、政治の世界です」(撮影:梅谷 秀司)

失われた20年とかよく言われますが、実は戦後最長の好況期とは「いざなみ景気」でありまして、これは2002年~06年の小泉政権時代にぴったり重なるわけであります(編集部注:一方、「いざなぎ景気」は1965年11月~1970年7月まで続いた景気拡大局面)。

安倍さん、日本経済は「その先」に進んでます

実際税収も増加していましたし、輸出も増加、2008年のリーマンショック前には輸出が80兆円にも達していました。バブルのピークでさえせいぜい40兆円だったのですから、円高時に輸出を倍増させていたわけですね。その後リーマンショック、震災と大変な衝撃を受けてた後も日本は年間60兆円近い輸出をしているわけですから、安倍晋三首相は「日本を取り戻す」とか言っていますが、日本経済はとっくに「取り戻って」先に進んでいます。「取り戻って」いないのはあなたの専門の政治の世界でしょ、しっかりしなさいよ、くらい言ってやりたい気分になります。

しかし、こういうお話をしても、どうもみなさま実感がない。それもそのはずで、企業業績がいくら良くなっても、肝心の給料が上がらない。こちらはバブル期をピークに下がりっぱなしでありまして、それこそ、バブル期の半分くらいになってしまっている業界まであるのですから、それは実感がないでしょう。

次ページ日本はアメリカ型経営を追いかけるが、本家は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。