結婚相談所で「運命の人」を見つけた人の視点

細かすぎる「ぴったりポイント」はあるか?

筆者も趣味で「お見合いおじさん」をしているので、男性の服装に関しては少し言いたいことがある。お見合いなのにカジュアルすぎる人が多いのだ。休日だからといってネルシャツ姿だったりセーター姿だったりする。

社会人として、初対面の相手と接するときはジャケット着用が礼儀だと思う。生地はニットやスエットでもいい。きちんとした大人の男性に見えるし、縦のラインができるのでスマートさが増す。ネクタイはしてもしなくてもいいけれど、少し柔らかくオシャレに見えるニットタイがお勧めである。

今までの恋愛での「何かが違う」とは正反対

寛子さんが貴彦さんに好意を持った理由は外見だけではない。「話してみると何から何まで私とぴったり」と感じたことだ。今までの恋愛での「何かが違う」とは正反対の感想である。

「私は少女マンガ『あさりちゃん』が子どもの頃から大好きなんです。マンガの中のエピソードで、クラシック音楽は同じ曲でも指揮者によって違って聴こえるという話があります。そんなことが本当にあるのかな、とずっと疑問でした。貴彦さんは小さい頃から楽器をやっていることがわかったので、『同じ曲でも指揮者によって全然違って聴こえるって本当ですか。マンガで読んだことがあるんです』と質問したら、彼が『それ、あさりちゃんでしょう』と当てたんです! すごくうれしかったですね」

細かすぎる「ぴったり」ポイントである。しかし、細かければ細かいほど、その共通点が心に響くこともある。これから人生を共にしていく異性は、食生活や人間関係、金銭などに対する微妙な感性や価値観のようなものが似ていたほうが楽しい。寛子さんにとっては、『あさりちゃん』を共有できる男性は語るに足る相手なのだ。

「それだけではありません。私は昔のホラー映画が大好きで、特にイタリアの映画監督ダリオ・アルジェントは小学生の頃からファンです。ずっとハマっています。なんと貴彦さんも彼の映画をよく観ていて、『ダリオ・アルジェントの話ができる女の人と会ったのは初めて』と言ってくれました」

『あさりちゃん』とダリオ・アルジェントのおかげで2人の距離は一気に縮まり、「トントン拍子」で話が進んだ。家事分担や子作りについて確認してから結婚したわけではないが、寛子さんと貴彦さんの志向と意見はほぼ一致している。

「子どもに関しては不妊治療はせず、自然に任せることにしています。ご縁があるならば授かるでしょう。私は家事が得意ではないのですが、一人暮らし生活が20年以上の貴彦さんは何でも慣れているんです。料理の7割は彼がやってくれています」

目的に向かって無理に頑張ることは子どもの頃から性に合わないと語る寛子さん。マイペースな一人っ子育ちなのだ。結婚相手の意向によって、実家のある東京を離れたり、仕事を辞めたりすることは避けたいと思っていた。

「でも、何もしないでいたら今でも独身だったと思います。結婚相談所に入ったからこそ、相性がいい人と出会うことができました」

寛子さんにとっては、結婚相談所への入会は「目標に向かって無理に頑張ること」ではなかったのだ。何が「無理」で、何が「自然」なのかは人によって異なる。独身のままでいることが向いている人もいるだろう。

38歳からの婚活によって40歳で結婚した寛子さん。いま、それが「私らしいタイミング」だったと感じている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。