SNSに殺人映像を投稿した容疑者が銃で自殺

ペンシルベニア州警察が追跡している最中に

 4月18日、米東部ペンシルベニア州の警察当局は、オハイオ州クリーブランドで見ず知らずの男性を射殺し、その動画を交流サイトの「フェイスブック」に投稿した男が自殺したと発表した。写真は逃亡者が警察に追撃された後、が銃で自殺した現場からその車を移動させる様子(2017年 ロイター/Alan Freed)

[エリー(米ペンシルベニア州)18日 ロイター] - 米東部ペンシルベニア州の警察当局は18日、オハイオ州クリーブランドで見ず知らずの男性を射殺し、その動画を交流サイトの「フェイスブック」に投稿した男が自殺したと発表した。

この男は、スティーブ・スティーブンズ容疑者。16日に歩道でロバート・ゴッドウィンさん(74)を射殺した後、車で逃走した。ペンシルベニア州の警察が18日、市民からの目撃情報で容疑者を同州エリー郡で発見、追跡中に容疑者は自殺したという。

同容疑者は16日、フェイスブックに投稿した別の映像の中で、今までに10数人を殺害したと語っていた。クリーブランドの当局者によると、容疑者に前科はなく、その他の殺人に関する容疑もないという。

この事件を受け、フェイスブック<FB.O>のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は18日、この事件の様な投稿を防ぐため、全力を尽くすと述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。