世界を不幸にするアメリカの戦争経済  ジョセフ・E・スティグリッツ、リンダ・ビルムズ 著/楡井浩一 訳

世界を不幸にするアメリカの戦争経済  ジョセフ・E・スティグリッツ、リンダ・ビルムズ 著/楡井浩一 訳

米国がイラクに侵攻したのは2003年3月。当初、米国政府は「迅速で費用のかからない戦争」を想定していた。が、現実は第一次、第二次大戦よりも長い5年以上の時が経過。直接的な軍事活動のコストは12年続いたベトナム戦争を超えたとも。それでいて、依然明確な撤退のシナリオさえ描けていない。

本書はそうした長期化するイラク戦争の経済的コストを徹底分析し、戦争の無意味さを浮き彫りにする。その結果、2012年までに撤退を完了する「楽観シナリオ」でも経済コストは3兆ドルに達すると試算。イラク戦争の副作用として、グリーンスパンFRB前議長の超金融緩和政策がサブプライム問題を生んだことや原油高が日本、欧州の経済を悪化させることなども指摘している。

結論としては、イラク戦争の経済的な後遺症は甚大で、即時撤退すべきだとしている。国防総省の会計明確化など提案されている18の改革案も興味深い。

徳間書店 1785円

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。