ソニーに見えた復調の兆し

3年ぶり第1四半期純益黒字化、大株主との神経戦続く

第1四半期決算説明会では、セグメント別の詳しい収益動向などが示された

ソニーが8月1日に発表した2013年度第1四半期決算(13年4~6月期)は、売上高が前年同期比13%増の1兆7127億円、営業利益が前期比5.8倍の363億円と大幅な増収増益となった。経常利益は前期比4.9倍の462億円、純利益は前年同期の246億円の赤字から35億円の黒字に転換した。

第1四半期純利益の黒字化は10年4~6月期以来。同日、東京・品川のソニー本社で行われた決算説明会の席で、加藤優CFOは「金融、映画、音楽は堅調に推移しており、ソニーにとって最大の課題はエレクトロニクスを黒字化すること。そういう意味でこの第1四半期は黒字化を占う重要な決算だったが想定よりもいい決算になった」と説明した。

「エクスペリア」のヒットが牽引

事業別に見た場合、増収増益を牽引したのはスマートフォン「エクスペリア」シリーズのヒットが続くモバイル・プロダクツ&コミュニケーション事業だ。同事業部門の売り上げは前年同期比36%増の3890億円。利益貢献も大きく、セグメント営業利益は黒字転換し、59億円(前年同期は営業赤字281億円)だった。

その他にも利益が改善した事業は多い。テレビが黒字化したホームエンタテインメント&サウンド事業は前年同期の営業赤字100億円から34億円の黒字へと浮上。非エレクトロニクス事業である映画(同49億円の赤字→37億円の黒字)、音楽(同73億円→108億円)、金融(同276億円→460億円)も改善が進んだ。

次ページ悪化した事業も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。